がん保険に加入して根治に向けてしっかりと治療を受けましょう。

がん保険、押さえておきたいポイント

がん保険をを検討するときに押さえておきたいポイントが4つあります。

まず一つめは、診断給付金の受け取りについてです。
診断給付金は、がんと診断されると一時金として支払われます。
支払い回数が1回限りの商品と、一定期間がたっていれば万が一再発した場合でも何度でも支払われる商品があります。
また、診断確定のみで受取れるものもあれば、診断確定に加え、入院が必要なものなど違いがあります。

二つめは、上皮内新生物の場合に給付金はいくら出るのかということです。
がんには二種類あり、「がん(悪性新生物)」と、前がん状態である「上皮内新生物」があります。
上皮内新生物に関しては、がん(悪性新生物)と同等に給付金が支払われるものと、給付金が減額となったり、給付金が支払われないものがあります。

三つめは、先進医療が保障されるかということです。
がん治療に有効とされる先進医療ですが、健康保険が適用されず全額自己負担となります。
先進医療にかかった技術料と同額をがん保険で保障されるのか、されないのかも確認しておきましょう。

四つめは、通院治療でも保障されるのかどうかです。
近年、医療技術の進歩によって治療法によっては、通院のみでもがん治療を行うことができる場合もあります。
入院を伴わない通院のみでも保障されるのかどうかもがん保険選びの重要なポイントです。