がん保険に加入して根治に向けてしっかりと治療を受けましょう。

がん保険と医療保険の違いとは

がん保険は医療保険とは保障される内容に違いがあります。
がんと診断確定されると診断給付金が給付され、がんによる入院や手術、死亡に対しても給付金や保険金をうけとることができる保険です。

また、医療保険と大きく違うのが日数制限の違いです。
医療保険は1回の入院につき、日数制限があります。
それに対して、がん保険は入院給付金の支払い日数が定められていません。

がんの場合は長期にわたる入院や、再発などによる入退院の繰り返しなどが想定されます。
一回の入院日数の制限がないので、長期に亘っての入院でもしっかり保障してくれるので安心してがん治療を受けることができます。

つまり、治療費が特に高額になるケースが多く、治療期間も長引くことの多いがんに対して、医療保険だけではカバーしきれなかったものを補ってくれるのが、がん保険です。

ただ、がんにのみ特化した保険ですので、その他の病気や、ケガ、がん以外の疾病等による死亡の場合は対象となりません。
がん保険には加入したいけれど、やはり医療保険にも加入しておきたいという方には、がん保険に特約として病気やケガの保障をつけることもできるので、がんをメインにあらゆる病気やケガに備えることが可能です。